サイトの管理情報

  • プライバシーポリシー
  • RSS
  • 京都のキャバクラに関するツイート

    キャバドレスが見つかる

    京都のキャバクラで最初に教わる事とは?

    2017年06月07日 15:14

    京都にあるキャバクラで働く時は、いきなり本入店から始める方は少ないです。
    最初は体験入店と呼ばれる「お試し入店」から始めるのが一般的。
    私の場合も、身分証明書を持参してお店の事務所で面接を受けた後に体験入店になりました。
    即採用が決まりあの時は本当にビックリしましたね。

    なぜならキャバクラのキャストは経験者が優遇されるものとばかり思っていたので…。
    でも話しを聞いてみると、私のような素人(未経験者)が実際には多いんだそうです。
    だから「未経験者は不利」にはならないです。これは間違いありません。

    実際にキャバクラで体験入店した時の事を書きたいと思います。
    参考にしてもらえると嬉しいです。

    へアメやドレスでまるで別人に

    体験入店と言えどもキャバクラで仕事をするのがその日初めてだったので、本当に緊張したのを今でも良く覚えています。
    メイクや髪形は普段通りだったのでそのままではお店に出られないと言う事で、専属のヘアメイクの方が髪を整えてメイクをしてくれました。

    私は身長が155㎝なくて背が低いのがコンプレックスだったのですが、背が低い女の子はミニドレスの方が映えると聞いて思いきってスカート丈のかなり短いピンク系のドレスを貸してもらいました。

    私は当時年齢24歳だったので、ピンクのドレスは年齢的に厳しいかな?と思ったのですが「かなり似合う」と他のキャストの方に言われてその気になってしまいました。

    キャバクラで着るドレスは、本人の自信のある部分を強調する物が良いみたいです。ドレス選びは重要ですよ!
    私は背が低くいのはコンプレックスでしたがやせ気味なので、足にはちょっとだけ自信があったんです。

    まずはお酒の作り方からレクチャー

    キャバクラに入店すると、まず最初に教わることはお酒の作り方です。
    水割りの「み」の字も知らない状態だったので、先輩キャストの方に水割りの作り方を教えてもらう時は目がギラギラしていたと思います。

    • グラスに氷を入れる時はガチャガチャ音をさせずに静かに
    • ウイスキーボトルのラベルを顧客に見えるように注ぐと綺麗
    • ボトルの口をグラスに当ててはいけない(グラスが割れる事があるそうです)
    • マドラーで氷とお酒を混ぜる時は上下に動かす方が良く混ざる
    • 水割りは時間が経つとグラスに水滴が付くのでハンカチで拭く

    …など必要な事は教えてもらいました。他にも

    • タバコにどうやって火をつけるか
    • 灰皿はどのタイミングで交換するか
    • トイレに立ったお客様にはおしぼりをお出しする(手の平に広げて差し出す)

    …など、そのお店で行っている方法はあらかた教えてもらいました。

    ハンドサインも教えてもらい何とか体験入店終了

    その後ハンドサインもいくつか教えてもらったのですが、体験入店では先輩キャストの隣でヘルプの仕事をするのがメインでした。
    「あれ?新入りの子?」と行く先々で声を掛けられ、先輩が「そうなんです。よろしくおねがいします」と紹介してくれたり自己紹介したりで、もう緊張でガチガチでした。

    中には「ミニスカートの女の子が好き」という方もいて、その方が場内指名をしてくださったのが今でも記憶にあります。
    美脚には自信がある、胸の大きさが自慢など自信のある部分を強調するドレスは、やっぱり武器になりますよ。


    画像元:https://kyabapedia.com/workstyle/beginner/kyabarule/hando